歯が黄ばんでいると不健康でイメージダウン

タバコのヤニが歯についてしまうと、歯ブラシでは取りにくいですね。

タバコを毎日吸う人はニコチンやタールが知らないうちに
歯に付着します。
粘り気があるニコチンや部屋の壁紙やカーテンなどが一年で黄色くなったり、

臭くなったりしてきれいにするには、時間もお金も
ずいぶん、かかるものです。

歯にくっついたタバコのヤニは唾液の中のカルシウムと
結合して、ステインとなり、歯が黄色くなってしまいます。

またタバコを吸わなくても、毎日の歯磨きだけではコーヒーや
紅茶、お茶、食べ物によってたくさんの黄ばみの元である

ステインがじわじわと作られてしまいます。

yani.jpg


 タグ